伐採で清々しい風景が手に入るのです|やって実感最高の結果

庭木にも時に間引きは必要

草と鎌とハサミ

間引く理由

庭を持っている人の多くは、何らかの木を植えているものです。それほど広くない庭では植えられる木の本数も限られていますが、中にはちょっとした自然公園ほどの規模の庭を所有する人もいます。そのような庭は散歩をするだけでも、緑豊かな自然を味わうことができますが、秩序を保つためにも定期的な手入れは欠かせません。広い庭に多くの木を植えているようなケースだと、木が育ちすぎて隣の木との間隔が狭くなることがあります。互いの枝同士が重なり合うようであれば、今後さらに枝が伸びることでさまざまな悪影響が出てくると予想されます。下枝に太陽の光が届かなくなると、木々も次第に弱ってしまいます。そうした事態を防ぐため、杉林などを管理している団体や企業では、定期的に間伐を実施しています。間伐というのは密集した木々の一部を間引きすることです。比較的成長の遅い木や他の木の成長を妨げている木を伐採することによって、木々が共倒れのような結果になるのを防ぐのです。規模の大きい庭でも木々が密集している箇所があれば、同じようにする必要があります。

危険な作業はプロに任せる

中にはチェーンソーを買ってきて自ら庭木の伐採を試みようという方もいます。林業の経験がある人ならまだしも、素人がいきなり大きな木を伐採するのは危険です。伐採するには、切れ目を入れる方向と角度をうまく調整して、自分の方に倒れて来ないように工夫しなければなりません。木は非常に重量のあるものですから、万が一下敷きになったら、怪我だけでは済まないこともあります。不慮の事故を防ぐためにも、庭木の間伐を行う際にはその道のプロに任せた方が安心です。伐採業者は杉林の管理などを委託されているケースも多いものです。間伐のときは、どの木を間引くかという選定も重要になってきます。公園や街路樹の伐採から、一般家庭の庭木剪定まで幅広く請け負う経験豊富な業者なら、間伐作業も最適な形でしっかりと実施してくれます。庭の木々を健全な状態に保っていくためにも、良い業者に間伐を依頼することが大切なのです。

Copyright© 2016 伐採で清々しい風景が手に入るのです|やって実感最高の結果 All Rights Reserved.